ほっちのロッヂ

「在宅医療拠点」ではなく、「ケアの文化拠点」であること。

丁寧に、丁寧に。ケアの文化拠点づくり

オレンジは、9月より、軽井沢町にて訪問看護のようなもの、を立ち上げました。“ようなもの”ってふざけているわけではありません。私たちは、訪問看護を「家に訪問し医療のサポートをしたり、町全体の健康を考える活動のこと」と定義しました。なので、既存の制度の中の「訪問看護」をイメージすると少し違うかな、ということで、“ようなもの”と言っています。

福井から移住したメンバー、新しく仲間となり関東から移住したメンバー。総勢5名のメンバーはこの1ヶ月、町を歩き、眺め、話してきました。貪欲に。丁寧に。
まだ“利用者”は一人もいませんが、たくさんのつながりや関わりを見つけ続けています。

そして、農場で働くファーミングデイにはナースたちも農場へ。命生まれる大地と対話せずして、何が地域の看護師だ!と言わんばかりに、この時間も大切に、熱心に活動してきました。

今日は1ヶ月を振り返り、たくさんのつながりを確認し、次の1ヶ月の目標を定めるミーティング。
ちょうど今日、信濃毎日新聞にも取り上げていただきました。

一歩一歩、丁寧に、確実に。

「在宅医療拠点」ではなく、「ケアの文化拠点」であること。

暮らしを豊かにするもの、そして人から人へ継がれていくもの、それが文化だと言うのなら、本来、福祉の場所は そうある「場」であってほしいと思っています。