BENIYA

人生会議について、質問されている現場の方へ

今回のポスター、
今まさに病気と向き合っている方、本人・家族として悩んでいる方々への配慮が足りなかったこと(本来、人生会議は始める前にその方の今の気持ちを確認すべき)と
「生きる」「継続する」が人生会議の大事なポイントなのに「死に際」「しないと後悔」みたいな伝わり方になっていること、
この2点は大変残念で、関わったものとして、大変申し訳なく残念に思います。

そこは本当に申し訳なく感じている一方で、
人生会議ってステキでしょ、という発信だけでは、誰も振り返ってすらくれなかったことがこれまでの課題でした。

市民公開講座や真面目なポスターでは、すでに関心のある方々に届けるのが精一杯。他には気にもとめてもらえない。
僕自身は、サザエさんで取り上げて欲しい、テレビドラマや映画で人生会議をテーマにして欲しい、など訴えて来ました。
そういう意味では、今回のポスターほど、これまで知らなかった人たちに届いたものはありません。
やっと、振り返ってもらえた。という気持ちが強いです。

振り返ってもらう
関心を持ってもらう
丁寧に説明して理解してもらう

関心を持った人から、丁寧な説明を求められます。
医療福祉の現場にいる皆さん、
今日くらいから、外来で、訪問で、待合室で、病室で、デイで、電話で、保健室で、質問されている方、多いのではないでしょうか?
ぜひ、しっかり丁寧に説明していきましょう!

というわけで、僕がいつも講演会で使っているスライドをシェアします。

#人生会議しよう
#人生会議
#人生会議ポスター