BENIYA

丸亀にあるサンテ・ペアーレクリニックが主宰の勉強会でお話しさせていただきました

2019.12.5

昨日、上先生にお誘いいただき、香川入り。

丸亀にあるサンテ・ペアーレクリニックが主宰の勉強会でお話しさせていただきました。

こちらのクリニックは、内科や障害児の外来を行いつつ、在宅医療にも力を入れ、現在約40人の在宅患者を診療されています。
しかも、クリニックには、ジムやプール、学童保育も揃っていて、いろんな人が出入りしています。

講演会では、オレンジの取り組みを主に話させていただきました。
最後の質疑応答では、上先生も交えて「コミュニティ」とは何か、というお話になりました。

病気になったことをきっかけにつながる「医療コミュニティ」は、弱さや困りごとを中心にして集まるし、ケアするケアされるという一方通行の関係性に陥ってしまうので、本来的な(築いていくべき)コミュニティ、とは少し意味合いが違う。
弱さや困りごとがあっても、強みや楽しさをしっかり見つけていく方が、人が集まったり、フラットな関係性からコミュニティが生まれやすいのではないか、などなど参加者の皆さんも加わっての深いディスカッションが盛り上がりました。

当然ながらうどんも美味しく、瀬戸内の朝焼けはキレイです。